葉酸サプリ口コミ

サプリメントの必要性

サプリメントは必要か?という疑問に答えるとしたら必要のない環境が望ましいと答えるのがベストでしょう。

 

食事から栄養を摂るということが健康の基本となります。サプリメントを食事の代わりにするべきではありませんし、栄養価の低い弁当を食べたことをサプリメントを飲むことによって帳消しにできるわけではありません。

 

ただサプリメントが市場拡大し、さまざまな研究がすすめられているのには理由があります。

 

それは食環境の変化です。

 

現代人の食生活は多くの問題を抱えています。

 

厚生労働省がまとめた「国民健康・栄養調査」を見ると食のアンバランスさや子供たちが朝食を摂らない、中年男性の肥満傾向、若い女性のダイエット問題、さらに食生活の欧米化によって脂質の過剰摂取など様々な問題が表面化してきています。

 

これらの問題から推測されるのはビタミン・ミネラルの摂取不足です。

 

ビタミンやにミネラルは細胞の新陳代謝やエネルギー代謝に関わり不足すると体の代謝システムの働きに支障をきたします。

 

また社会環境も問題とされており、現代人の多くの方は多忙で食事に割く時間が少なくなっています。

 

ゆっくりと旬の食材を使い料理をする時間がないため、多くの場合加工食品を利用する機会が多くなってしまいます。

 

またストレスの問題も切り離して考えることはできません。

 

ストレスがかかると人は多量のビタミンを消費しますが、耐えられる限度を超えた過度のストレスや継続的なストレスが体に与える影響は計り知れないほど大きなものになります。

 

心理的なストレスばかりではなく、物理的・科学的なストレスも増えています。

 

紫外線やパソコンなどが発する電磁波、排気ガス、ダイオキシンなどもストレスの原因になります。

 

こうしたストレスは免疫機能を低下させるとともに、活性酵素の過剰発生を招きそれがDNAを傷つけるとがんや廊下のリスクが高まります。

 

人間の体はもともと、活性酵素のダメージから身を守るために抗酸化酵素を備えていますが、現代社会がもたらす多くの強いストレスはこの酵素だけでは不十分であり食品に含まれる抗酸化成分の力を借りる必要があります。

 

ですが、最近は農畜水産物の栄養価の低下が報告されています。化学肥料や農薬によって食材が栄養的に非力になったといわれています。

 

そのため、食材からだけでは十分なビタミン・ミネラルを補給することが困難になっています。

 

このような背景から食事から摂れない栄養素をサプリメントで補うという考えは現代人の防衛本能なのかもしれまいといわれています。